ユニフォーム全品向け送料無料
ユニフォーム激安通販

ロサンゼルス・レイカーズ

 

ロサンゼルス・レイカーズ (Los Angeles Lakers) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。ウェスタン・カンファレンス、パシフィック・ディビジョン所属。元はミネソタ州にあり、一帯には湖が多かったことにちなんでレイカーズと名付けられた。

 



シャック&コービーの時代

シャキール・オニールとコービー・ブライアントは3年連続のNBAチャンピオンをチームにもたらした。

1995-96シーズン終了後シャキール・オニールをオーランド・マジックより獲得、ディバッツとの交換で得たドラフト指名権でコービー・ブライアント、全体24位でデレック・フィッシャーを獲得すると次第にチーム状態は上向き一躍優勝候補になった。

1999年にフィル・ジャクソンをヘッドコーチに迎え、グレン・ライス、ロン・ハーパー、ホーレス・グラントらベテラン選手を加えたチームは優勝し、レイカーズは2000年、2001年、2002年に3連覇を果たしオニールは3年連続でファイナルMVPを受賞して再び黄金時代を築いた。特に2001年のプレイオフのレイカーズは15勝1敗で過去最高の勝率を記録した。2003年にサンアントニオ・スパーズに敗北し4連覇の道は閉ざされた。

2003-04シーズン前に何としてもチャンピオンリングを取りたいベテランのカール・マローン、ゲイリー・ペイトンと大物二人を加え「史上最強のチーム」とも呼ばれ、2004年のファイナルに進出したがピストンズに敗れた。このシリーズではマローンの不振も目立った。オニールとブライアントは不仲であり(どちらが攻撃の中心となるか)、2004年7月にオニールはラマー・オドムらと交換でマイアミ・ヒートに移籍し、フィル・ジャクソンもチームを去った。

コービーの時代

2004-05シーズンにプレイオフ出場を逃した後、フィル・ジャクソンは再びレイカーズに戻ってきた。2005-06シーズン、チームはコービー・ブライアントを中心とし、ブライアントはチーム記録となる1試合81得点などを記録したがウエスト7位に終わり、プレイオフ1回戦でフェニックス・サンズに敗れた。 レイカーズが1回戦を勝ち上がっていた場合、同じステイプル・センターを本拠地とするロサンゼルス・クリッパーズとの対戦という面白い組み合わせとなるところだった。シャック退団後の数年は、コービーはスコアラーとしての能力を存分に発揮したがチームは中堅レベルだった。

2007-08シーズン冬季トレード市場には、クワミ・ブラウン、ジャバリス・クリッテントン、ドラフト指名権とのトレードでメンフィス・グリズリーズから2002年の新人王を受賞したパウ・ガソルを獲得し、大型センタープレーヤーの補強に成功すると再び西の強豪となりNBAファイナルに進出を果たしたがライバルチームのセルティックスに敗れた。

2008-09シーズン、ファイナルでオーランド・マジックを破り7季ぶり15回目の優勝を果たした。

2009ー2010シーズン、一昨年敗れた宿敵の相手ボストン・セルティックスをNBAファイナルで破り2連覇を果たした。

2010‐2011シーズン、3連覇を狙うレイカーズはその年のNBAファイナルを制したダラス・マーベリックスにプレイオフ1回戦でスイープされ、不完全燃焼でシーズンを終えた。

2011‐2012シーズンは見事6年連続プレイオフに進出し、昨年の名誉挽回を試みるが1回戦のデンバーナゲッツに予想外に手こずり7戦目でようやく勝利。しかし2回戦のオクラホマ・サンダーに1勝しかできず2回戦敗退が決まった。



ナッシュ&ハワードの獲得

2012年のオフシーズンで2005年、2006年MVPのベテランポイントガードのスティーブ・ナッシュをサイン&トレードでフェニックス・サンズから獲得。さらに現役最強のセンター、ドワイト・ハワードをもマジックから獲得し、3年ぶりの優勝を狙う。しかし、HCのマイク・ブラウンが取り入れたプリンストン戦略に選手が上手く機能せずプレシーズンを0勝8敗。レイカーズ史上初のプレシーズン全敗を記録した。レギュラーシーズンが始まった第二戦目でナッシュはルーキーのダミアン・リラードと衝突。その際に右脚を骨折する重症を負い20試合以上を離脱することになった。そして、第4戦目でHCのマイク・ブラウンがチームの成績不振で解雇され、代わりにナッシュがサンズ時代にHCだったマイク・ダントーニが就任する。この就任はナッシュがダントーニの得意とするアップテンポなバスケスタイルを理解しており、以前アマレ・スタウダマイアーと展開したようなピック&ロールがハワードと再現できるとチームが考えていたからとされている。しかし、ナッシュが怪我で離脱している間、チームの戦略がマイク・ブラウンのデフェンシブな物からダントーニの超オフェンシブな物に変わりチームは混乱に陥った。コービー率いるレイカーズは奮闘したが、急激に変わった戦略に選手がうまく機能せず成績は前年にくらべ悲惨なものとなった。ダントーニの戦略を熟知しているナッシュが怪我から2ヶ月後に復帰し、希望の光が見えたレイカーズだったが、マジック時代にピック&ロールをほとんど経験していないハワードにはサンズ時代にアマレと展開したようなピック&ロールが出来ず、オールスターゲーム前の前半は25勝29敗と勝率5割をきっていた。オールスター後にHCのマイク・ダントーニは「チームがプレイオフに行くには20勝8敗が最低条件」と言及。勝率5割をきっていたレイカーズには高すぎるハードルだった。最終的に45勝37敗の7位でプレイオフに進出するも一回戦の相手サンアントニオスパーズに0勝4敗で敗れる。

 

 
 
 
 
 
 
 
ロード中...