ユニフォーム全品向け送料無料
ユニフォーム激安通販

サッカースペイン代表

 

サッカースペイン代表(西: Selección nacional de fútbol de España)は、スペインサッカー連盟(RFEF)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。愛称はLa Roja(ラ・ロハ、赤)。日本では無敵艦隊の愛称で知られる。

 



FIFAランキングで首位に立った経験を持つ7カ国のうちの1つである。

元来、国内にレベルの高いリーガ・エスパニョーラを擁し、FIFAワールドカップにも1978年大会年以来連続出場を続けるなど、歴史的に世界でも強豪国の一つとみなされてきた。しかし、FIFAワールドカップでは、1950年大会で4位になった他は8強が最高成績であり、「永遠の優勝候補」などと揶揄されてきた。

しかし近年、高精度のパスと圧倒的なボールキープ力を背景にゲームを支配するポゼッションサッカーのスタイルを確立し、華々しい実績を挙げている。大会前から好調で臨んだUEFA EURO 2008において44年ぶり2度目の優勝を果たすと、その後も連勝を続け、国際試合において35試合連続無敗と15連勝の世界記録を樹立した。優勝候補の筆頭として臨んだ2010 FIFAワールドカップでは、グループリーグ初戦のスイス戦を0-1で落とすも、その後連勝してグループリーグを首位通過。続く決勝トーナメントでは、4試合全てを1-0の僅差で制して悲願の初優勝を遂げ、史上8番目のFIFAワールドカップ優勝国となった。なお、この優勝で「FIFAワールドカップにおいて、非欧州開催の大会では欧州勢は優勝できない」「グループリーグの初戦で敗れたチームは優勝できない」という著名なジンクスを初めて打ち破った他、得点数8という史上最少得点での優勝及び2失点という史上最少失点(タイ記録)での優勝も記録している。 また、UEFA EURO 2012においても優勝を果たし、史上初のUEFA欧州選手権2連覇、そしてワールドカップと欧州選手権のメジャー大会3連覇を達成した。

近年はクリーンなプレーで知られ、2006 FIFAワールドカップ・2010 FIFAワールドカップではフェアプレー賞を受賞している。なおどちらの大会も出場選手は出場停止処分を一度も受けていない。

 

ユニフォームとロゴ

伝統的に赤に黄色のトリミングをしたものをホームでは使用している。これは赤と黄色がともにスペインの国旗に使用されているからである。なお赤と黄色はそれぞれ「血と黄金」を現している。

アウェイでは過去には白、現在はブルー系を基調としたユニフォームを使用している。

ロゴはスペインの国章を配した黒地に黄色(金色)の縁取りをした楯の下にサッカーボールとリボンをあしらったものである。楯には黄色で1913と設立年が記され、リボンにはゴシック体でスペインサッカー連盟のイニシャル"RFEF"が記されている。

前述のワールドカップ南アフリカ大会決勝戦はアウェイの紺色のユニホームで試合を行い、優勝を決めるとこの時の為に作られていた「ロゴの上に一つ星(ワールドカップ優勝回数を示す)」のホーム用の赤色のユニホームに着替え、表彰式に臨んだ。今後はこのロゴ入りのユニホームが使われる。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
ロード中...